RISTORANTE AMORE (リストランテ アモーレ)

   
 

2003年暮れに東京六本木にオープンしたイタリアンレストラン「リストランテアモーレ」の飲食店舗内装の記録です。
鉄人料理人澤口知之氏が経営するのこのイタリア料理のお店の特色はいままで常識的と思われているイタリアンレストランと大きく一線を画す点があります。それは、

 ・オープンキッチンである
 ・メニューのないレストランである

という点。この二点を前面に押し出し、「本当のイタリアン」を「本物の素材」で提供するためのサービスを行うための「空間のサービス」をめざしました。
具体的には、

 ・店内を分断する11mのカウンターで厨房とフロアーが仕切られている。
 ・角度のついた矩形が2つ離れてからみあう平面構成である。

といった、建築計画の構成そのものはきわめてシンプルな作り方をしています。

イタリア料理がその本来持つ「素材の良さ」と「単純な調理方法」の組み合わせから得られる絶妙な「食文化」を演出する手法を、ここでは建築的に単純な構成と単純な素材の組み合わせをもって対峙すべく試みました。普通の空間が食文化を楽しめる空間に昇華する時、衣食住の食と住が必要条件としての範疇を越え、十分条件に近づけば・・・と考えました。



入り口は楢の無垢材を組み合わせた格子戸です。店内の様子が少し見える、・・・というより店内の空気が外に漂います。 飲食店の店舗設計の一つのルールとして「内部の気配の伺えるファサード」を入り口の建具に求めました。インテリア及び中の雰囲気がうっすらとこの格子戸を通じて漂ってきます。


 

 

入り口足下のロゴデザインをモザイクタイルに転写したもの。黒い大理石とロッソベローナの栗色の大理石の組み合わせです。
この店舗は居抜きでの工事であったため昔の店舗の外壁の形がここには残ります。Rが付いた壁面で、その足下周りがこの様に扇型に残ってました。ここではその残存する曲線の中途半端な柔らかさを払拭するため細かいモザイクのグリッドデザインでが形を均質化し消し去ります。そのグリッド状のモザイクタイルはそのまま店内に入ります。


 

 

入り口を入るといきなりフロアです。正面の絵は版画を中心とした澤口氏のコレクション。絵を照らすスポットライトが間接光としてテーブルに落ちます。
レストランとしての機能を持つこの店舗のインテリアは平面的に矩形を角度をもたせて配置しているため逆パースぺクティーブとなり現れます。「中の気配」が入り口を開けたとたんに一息にに展開します。


 

 

この店舗のデザイン上の大きな特徴のひとつである長さ11mのカウンターです。フロア側が楢材、厨房側がステンレスで木製カウンターの見付分がそのまま高さの違いになり、ステンレスカウンターの上に木製カウンターをのせた様な形をとります。
居抜き(リフォーム)としてのこの計画のオリジナルデザインのシルエットをも同時に断ち切ります。


 

 

 
extra>>