SKC-O

43

内科外科の診察室の様子。コンパクトながら高性能の医療設備を有します。この診察室にはシャウカステンに代わりレントゲン画像をデータで転送してモニターで見ることが出来るCR及びデジタル超音波診断装置(エコー)が置かれています。

45デジタル超音波診断装置 。高画質液晶モニターと最新のフルデジタル超音波診断装置を導入することで、鮮明な画像を表示することができます。

46高精細デジタルレントゲン診断(CR)。
そのCRに画像データのカセッテを差し込んだところ。撮影したカセッテを投入口に差し込むだけで、自動的に画像を読み込み最適な濃度条件で画像表示されます。 高精細なデジタル画像処理システムおよび高精細モニターを導入することで、撮影終了からわずか30秒で診断できます。

 

 

 

コニカ regius110