SKC-O

14

精神科の診察室内。メンタルケアが主体となる診察室のため、医師と患者が机を介して向き合う形をとります。机はL字型に配置され医師専用の机と向かい合う机が噛み合う様な形で配置されています。写真は日中の様子。背後の大きな開口部から差し込む自然光をレースのブラインドで少し緩め落ち着く雰囲気を作り出そうと試みました。「診察」と言うより「接客」に軸足を置いたメンタルケアならではの構成。

31夜間、間接照明による光で室内を照らし出した様子。

32上部の間接照明はそのまま精神科待合い室まで連続します。

33診察室背後のスペースから患者側を見た様子。

34背後には簡単なものが置ける飾り台があります。直接患者さんの目に触れる場所にはありませんが、診察室そのものを落ち着いた雰囲気にさせる隠れたスペースです。