IKW-O

shounika_01

この医院は内科、小児科の専門医により構成されます。エントランスを入って風除室の段階で内科と小児科の方向に分かれます。写真は入り口を入って右側にある小児科の待合室の様子です。この待合室は吹き抜けていて上空にトップライトがあり、日中は照明をつけなくても十分な明るさが確保できます。エントランスの風徐室は通常の高さなので入った途端に視界が開ける形になります。

shounika_03

小児科待合室の奥からエントランスを振り返った様子。二層吹き抜けになっているため一度エントランスホールで絞られた視界が再び大きく広がります。

shounika_06

吹き抜け上空のトップライトから自然光が入ってくる様子。病院としての機能的な部分の「外壁」は打ち放しのコンクリートで包まれる様に構成されています。その病院としての外壁をもう一皮くるむ様に建物そのものが構成されます。写真はその小児科部分の「外壁」。

shounika_08

小児科の外壁部分であるコンクリート打ち放し面を正面から見た様子。向かって右側が診察室の入り口。矩形のコンクリートの塊による単純な構成を目指しています。それぞれの塊の置かれた空隙部分には上階の書斎のハイサイドライトとの繋がり、小児科診察室への入り口がそれぞれ設けられています。

shounika_04小児科の待合いスペースからエントランスのガラスの箱を振り返った様子。

shounika_09_300吹き抜け上空のトップライトより自然光が入ってくる様子。

02小児科診察室内は診察室と処置室が兼用され両面から使える造作棚で穏やかに仕切られています。診察室と処置室のそれぞれで必要な機能をこの収納棚に集約し効率のよい診察治療が出来る形になっています。写真は処置室側から見た様子。

04処置室の様子。小児科用のベッドがおかれています。

05診察室の様子。この診察室デスク右側の壁面には小さな小窓があり、受付にそのまま繋がります。受付と直に話せるため緊急の受け渡しがここで可能になります。