UEK-O

UEK-O7

夜になると屋根に覆われた通り抜け通路と室内の天井がライトアップされます。ライトアップというよりは「漏れてくる光」を反射します。住宅としての気配、同時に地域に根ざす医院としての暖かな佇まいが醸し出ればと思います。駐車場もラインの線上にアッパーライトを埋め込まれ滑走路の様な雰囲気になります。医院建築として地域医療に写す新しい姿。

UEK-O5

住宅部室内。住宅部分は医院の二階にあります。そこのリビングルームの様子。住宅部分は開口部から少し引いてボールト状の天井が壁と距離を保ちながら浮かぶように現れます。この部屋は直接通りからは見えない形に置かれ、十分にプライバシーを確保した上でいろんなことが出来る仕掛けが用意されています。
正面の収納は4枚建て建具で常に一箇所が空いていててその部分が「見える収納」。

UEK-O6

振り返って食堂側を見たところ。この壁の向こう側が食堂になります。乳白ガラスブロックが隣地側の光を十分に入れ日中は十分な明るさになります。 ここにも同様に3枚建ての建具が置かれ見えている部分にパーティーシンクが置かれています。

UEK-O3玄関ホール。玄関ホールは2階にあります。大きな下足入れと格子戸に挟まれる様に床板がタイル貼りのたたきに向かってせり出す様子。

UEK-O4個室からコートを挟んでリビング側を見た様子。このコの字型のコートが道路面に面するため各居室のプライバシーを保ちながらさわやかな感じを与えます。

UEK-O1廊下の様子。天井の円弧はそのまま玄関ホールまで伸びておだやかに空間を仕切ります。