FKS-R

b_1

ここからは自然光が入らなくなった時点からの様子。天井のスポットライトが白い壁面、造作家具を照らし、その間接照明により室内はくつろいだ照度を保ちます。床面はこのあたり全て同じ白い陶器質タイル。

b_8

バスルームをガラス越しに室内から見た様子。
バスルーム、脱衣室の床のタイルはそのまま室内に同じレベルで連続し、狭い空間も今度は浴室側からは視覚的にゆったりとした見え方になります。全て白色で統一されたバスルームは床面の均質なタイル面と併せ「動きが止まった」様な感覚を与えます。

b_11

キッチンと合わせたバスルームの様子。
脱衣室入口の天井まである引き戸は唐突に置かれている感じ。

b_7

壁面収納の上部の棚に埋め込まれた照明で作業スペースが少し明るく成る様子。更にそれをバックライトとして門型のアイランドキッチンがシルエットとなる様子。

b_3

室内の照明を消してバスルームだけを点灯させたところ。
全体的に明るく白いバスルームの中でバスタブだけが影を室内に向けその存在感を演出させます。

b_6バスルーム、脱衣室を通して玄関を振り返った様子。
バスルーム、脱衣室、玄関ホールと同じ仕上げで連続します。

add_b_5唐突に置かれているかのような脱衣室入り口の引き戸。天井にレールがなく、床面とスライド式の振れ止めで構成されます。

b_9_300