FKS-R

b_1

東横線自由が丘にある築35年の分譲マンションの内装スケルトンリフォームの事例。

もともとは3DKの細かい間取りで構成され、部屋数こそ確保されども結局どの部屋も小さく、こじんまりとした印象しかなかった空間をその間仕切りを取り払い大きなワンルームに模様替え。構造躯体だけ残して内部を再構成したマンションスケルトンリフォームです。水廻りと居住スペースを平面的に穏やかに仕切、更に視覚的な奥行きを与えるためにバスルームの間仕切りもガラスで構成し、抜け感のある空間を作ろうと試みました。

写真はエントランスを入ってガラス張りのバスルームの角を通して室内が現れてくる様子。アイランド型に置かれているキッチンの作業面が見えます。床のタイル面はエントランスからそのまま連続。

b_8

浴室及び脱衣室は室内から連続する形でガラスパーティションで仕切られています。

b_11

リビングスペースからダイニングを通してバスルームを見た様子。天井の照明器具はこのダイニングスペースと手前のリビングスペースで切り分けられています。生活シーンを照明で区切ることにより狭い空間に奥行きを与えます。

b_10

キッチン作業面を見ながらバスルームを見た様子。背面の造作家具とアイランドキッチンに挟まれた小さなパス(小径)はそのままトイレの前の小窓まで連続。小径に抜け感を持たせる手法。