KKC-R

1_7

白金高輪に於ける築30年のテラスハウス形式の住戸のスケルトンリフォームの事例。長屋形式の連続する鰻の寝床状の住戸の一区画の改装のため土地に接していても設備的な融通が利かなくそれなりの制限を受けての計画となりました。

構造上両サイドには開口部が一切ないため動線は平面的に一方向、及び縦方向に集約されます。玄関入ってすぐがリビングのため、このスペースをいかに有効に使うかがポイントでした。また既存の状態では浴室が1階にあったため、これを3階に上げて1階を広く使うのと同時に眺望のいい3階にバスルームという構成で臨みました。

写真はその1階部分の奥から入り口側の階段を振り返った様子。短い踊り場までの階段が仮設的なシルエットを落とします。

1_5

1階リビングルームから玄関側を振り返った様子。リビングの左側は上下が扉式の収納。正確には上部の収納の更に上のグレーの塗装が施されている部分も写真で見づらいですが同じ形式の収納スペースです。

入り口はそのままリビングと共有されます。右側の壁面は天井までの収納。

1_3_300入り口から室内を見た様子。間仕切りの奥はダイニングキッチンがあり、空間は柔らかく連続します。