AZM-R

day_03

横浜市緑区あざみ野の高台のほぼ頂上近くに位置する大規模の住宅のトータルリフォームの事例です。
その立地条件から南側の眺望にめぐまれ、晴れた日には富士山も一望出来き、また既存の建物も南側を大きく開放していたのでそれを使い、同時に東西に細長い建物を南北に貫通する形で土間を設け建物を二分する形で平面の構成をしました。写真はその土間をエントランスホールから見た様子。床面の玄昌石タイルがそのまま庭まで抜ける様子。

トータルリフォームによる住宅の再構築。洋風の造りを和風の古民家風に再生。

day_08

和室から土間を通してリビング側を見た様子。右側の障子はそのまま広縁を通して南側の庭に続きます。障子のセルの上端と下端はアクリルを抜いて「着地しない面」の表現。

障子は同じリズムで直行します。

day_12_300吹き抜け上部も小屋組を露出させ屋根形状とその構造体の形をそのまま露出させます。構造体の力強い構成を切り抜く様に白い壁が立ちます。