IZU-R

14

和室からリビングを見たところ。
和室の室内壁はもともとピーリング材が貼ってあり、その上から色合わせをしながら天井、造作部の色に近づけ、結果この様な形になりました。黒い和室、と呼ばれるこの和室は床面の畳が白く見えるほどに全体が暗く、「庵」の様な気配がします。門型に切り取られた開口部から見える洋室との繋がりが最も難しい見え方だと思います。

15エントランスを入ると最初に見えるのがこの階段です。別荘地で比較的周辺宅地との距離もあるため、こうして少し上方に目線を向けさせると緑のなかに昇華していくような形が出来ます。

16階段から玄関の方を振り返ったところ。玄関は格子戸に防犯フィルム貼ったガラスをはめ込んであります。外部に対する「抜け感」と同時に防犯を兼ねた華奢に見えて強い建具。

17洗面脱衣室の様子です。鏡が天井近くまであり、少し手前に張り出します。鏡の横は小さな棚になっていて日用品を収納することができます。また洗面器の右側は蓋をあけると洗濯機が納められてます。

IZU_02