YSI-R

YSI-R9

築35年の事務所併用住宅のスケルトンリフォーム。この住宅は5階建てのRC(鉄筋コンクリート造)の事務所ビルの3,4,5階を占める住居です。そのうちの3,4階部分に手を入れました。 様々な理由からこの建物自体過去に3回大がかりな増築をかけています。継ぎ足しに継ぎ足しを重ねる増築が行われ、そのRCの構造体はもとよりエキスパンションを挟んで分断された建物の給排水、電気の系統も全てが複雑な形をとらざるを得ない状態でした。

YSI-R6

ここではそれまでの痕跡を一掃すべく、増改築の最終形として存在するRC(鉄筋コンクリート造)の構造体をもとにその中に新しい生活空間を再構築していくという方法が唯一の選択肢でした。一方で建築主側の「理想とする生活」は非常にわかりやすいものであったのと、またその理想像が形として表しやすいものであった事から「理想的な形態」を既存の構造躯体の中にパズルのように落としこんでいく作業と、結果的になりました。 今で言うスケルトンアンドインフィル(SI)の原型とも言える構成で、そのトータルリフォームとして既存の殻のなかに新たな住空間を構成していく手法です。

YSI-R4玄関ホール。事務所関連の書庫が5階にあるため住宅部分の玄関と階段は事務所と半分共有になっています。そのためにそこを仕切る建具が必要で、複雑な構成を取ります。