URS-A

56

連続する壁にゆり構成される集合住宅、その構成が最もわかりやすい写真。
連続する壁面はそれぞれの住戸の階壁、またはバルコニー部分での隔て板となり、1階から5階まで連なります。面取りをしない外壁出隅部を通して直射日光の僅かなずれがその面の陰影をはっきりと伝えます。

55連続する階壁の間に入れられた手摺りはその縦格子が奥行きの深い面状のためこの様に真横に近いところから見ると淡い「壁」の様になります。

54各住戸の戸境壁はそのままファサードまで伸びて連続する壁面としてその木口を連ねます。均等に配置されたその壁はリズミカルに並び排他的な表情に変わります。

51建物全景。面で構成される部分部分の陰影の違いが晴れた日ほどはっきりとします。

106北側の散歩道から見た全景。