URS-A

08

日中の中廊下の様子。突き当たり部分はそのまま抜けて外部となるのでこの様な「抜け感」が得られます。

152日中のエントランスの様子。
左側のルーバーによる格子は隣接するマンションとの目隠しパネル。

各住戸の戸境壁はそのままファサードまで伸びて連続する壁面としてその木口を連ねます。均等に配置されたその壁はリズミカルに並び排他的な表情に変わります。

153エントランスの床は斜めのスジの入ったインターロッキングを使用。

156階段室からエントランスの風徐室を通して外を見た様子。

111_300