URS-A

155

エントランスの様子。エントランスは北面の奥にあります。箱状に置かれた風除室とトラス式の鉄骨階段で構成されます。

12

各階の中廊下の様子。外壁から回り込むタイルがパネル状に置かれます。そのパネル状に張られたタイルの空隙が各住戸のエントランスになります。

10

最上階(5階)の様子。5階部分では日影の関係から片方の棟が4階となるため、中廊下はこの階では片廊下になります。作り方は下の階と同じ。

025階の廊下の片側から住戸の入り口面を見た様子。面状のタイル面は「置かれる」様に配置されます。

110住戸入り口を正面から見たところ。
両側の壁のタイルはコーナー役物で終わらせているため塊(solid)としての重さはなくあくまで面で構えます。