SKR-A

in_13

ここから3階です。3階の住居は4階と併せてメゾネットスタイルをとります。玄関からその上方に上る階段が見えます。他の部屋と同じく見せようとしてこの階段の存在は極力薄く、華奢に出来ています。逆光のなか細い階段のメンバーが更に浸食される構図です。

in_19

階段を横から見たところ。この階段のささらは丸棒8Φで組んであります。段板を支える鉄板で水平剛性をとり、ささら内の縦材で垂直剛性をとっています。ただ階段にそった斜めの面の剛性が極端に少なく、実際段板を入れる前は相当ぐらつきました。しかし段板の重さで不思議とその剛性も確保出来、安定しています。不思議な構成です。

in_17

同じくその反対側。この時点では未だ施工されてませんが、この窓を通して屋上庭園が広がります。最上階のメゾネット部分は両側を緑に囲まれた贅沢な空間に昇華します。

in_16

上の階に上って振り返った様子。柱や梁といったものがこの建物にはないのでそのまま「突き抜ける感じ」になります。

in_18桜の満開の季節に果たしてこの様な絵が撮れるかどうか・・・は疑問ですが、階段を下りながら階下の公園の樹木をこういう位置関係で見ることが出来ます。

in_12

in_11他の部屋と同じく見せようとしてこの階段の存在は極力薄く、華奢に出来ています。逆光のなか細い階段のメンバーが更に浸食される構図です。