SZK-C

2C_11

ここからは二棟を結ぶ渡り廊下の様子です。この渡り廊下とそれぞれ結ばれる二棟とにより中庭が囲われる形になります。写真はその二階部分、寝室に向かった様子。中庭と同じデッキ材で構成され視覚的には限りなく「外部」に近い見え方を求めました。

2C_12

その寝室の引き戸を開けた様子。正面に光庭を通してガラスブロックの壁が繋がります。

1C-01

夜間、一階の渡り廊下からその入り口側を見た様子。天井に同様のデッキ材を張りめぐらし、引き戸部分で分断されながらも建物を貫通する一本の軸を構成します。

1C-02

その反対方向、一階の寝室の浴室側を見たところ。正面の白い壁はそれぞれ天井と壁には届かない位置で終わりその向こう側に浴室が展開します。写真は入り口の引き戸を開け、その白い壁に向かった様子。

1C_12

1C_13