SZK-C

B_12

夜間、照明に頼った状態の浴室の様子を中庭側から見た様子。
まず、囲まれた中庭に対して浴室もこのような形でその全面を開き、開放的な浴室を目指しています。また夜間寝室の照明を落としてバスルームの灯りだけを使った演出が出来ます。照明はもとよりここではジャクソンの浴槽そのものを発光させる、或いはTOTOの洗面器ルナクリスタルも発光させることが出来るため器具そのものを光らせるよく言えば幻想的なシーンを演出することが可能です。

B-02

浴室はその床面を白いタイルで構成し、中央にジャクソンの浴槽を設置。そのタイルの範囲は間仕切りとなるガラスの壁を越え寝室側を侵食。視覚的な仕切り線と実際の間仕切り線を曖昧なものにしています。浴室はその浴槽の高さまでを白いタイルで構成することで塊として「置かれた」見せ方を試みました。

B_21

寝室の照明を落として浴室の光だけで浴室を見た様子。床と同調する形でオブジェクト自体が影として消えていく様を試みたもの。

B_24

PCリブの流れに対して直行方向に間仕切りがくる場合、上部の水平材とPCで囲まれる台形の部分にはすべてアクリル板を同じ形に加工したものを挿入してその空隙を塞ぎます。ややもすると要素過多になりかねないシーンを極力最小のエレメントで構成したもの。

B_26_300引き戸を開けて洗面脱衣室を見た様子。この部屋の「水廻り」の部分が矩形による白いプレートの上に展開される様子。

B_30洗面脱衣室側にある水廻りの収納棚。右上のガラリは洗面脱衣室の換気扇、左下は洗濯機スペース。収納棚の上部は天井には届かず再びガラス間仕切りにより隣室と間仕切られます。

B_45TOTOのルナクリスタルという洗面器。「ルナ」は月という意味だが月というよりも皆既日食に近いイメージ。見た目は謎だが構成はいたって簡単。カウンターと同材の底板があり、それを洗面器の内側に置くとこういう形になります。しかし洗面器そのものが「光る」というのはこれまでになかった機能。