MCY-C

night_01

きおこからは太陽が落ちてから室内の光で建物のかすかに照らし出す様子です。
この道路側のファサードは二枚の壁により構成され、その一枚とほぼ同サイズの空隙がこの建物を「家」として見せる唯一の仕掛けになります。

night_02

北側道路正面から向かった様子。

この住宅は北側道路という高さの制限上は有利な土地でした。しかし一方で採光をこの北側の面からしか採ることが出来ないため、その北側面の窓は必然的に極力大きな開口部としました。ところがそれは一方でプライバシー上の問題をまともに生じさせてしうため、そのガラス面に沿ってシルエットシェードを落とし、外部と内部の狭間を柔らかく遮断しようと試みました。
その柔らかな境界が左右の固い壁に挟まれる様子。

night_04住宅部分の玄関もこの様な面による構成の隙間として構成されています。その隙間から室内の光が漏れる様子。