MCY-C

2F_07

2階から居住部分は始まります。

居住スペースの全体の構成は2階がリビングダイニングを兼用したこの敷地を目一杯に使った広い空間、3階が個室、バスルームという構成になります。ここはその2階部分の様子。階下から上がってくる階段室の手前からダイニング側を振り返った様

2F_03

2階の入り口のあたりからリビング全体を見た様子。天井面中央はこの部分だけ上部がテラスとなるため部屋内に断熱材を入れ、ボードを貼っています。ライティングダクトを同一レベルに通すことにより、また開口部と階段側のガラスを同一平面上に置くことにより広い空間を縦に穏やかに分割します。

2F_04

客用の寝具を入れる収納とそれに挟まれたボードから構成される家具に正面から向かった様子。

2F_05

ダイニングキッチン側を振り返った様子。

2F_01_300階段室側から開口部を見た様子。
この様に天井がそのまま外部に面した開口部として同一平面上を雁行して着地します。

2F_06同じくその反対側から階段室側を振り返ったところ。
階段室のこの面は透明ガラスを使い、上部のトップライトからの採光を少しでも室内に取り入れようとしています。

3F_023階の個室から廊下を挟んでその反対側の個室を見た様子。

3F_033階の上がったところは廊下兼踊り場となっています。その部分に作業用の造作の机を置いています。

3F_05