MMP-C

3F_03_600

吹き抜け部分、更にはその上の天井の様子、とそこにかかる螺旋階段の関係。垂直、水平だけで構成される室内が螺旋階段のスパイラル状に湾曲する「線」により緩みます。

3F_02吹き抜けを貫通する螺旋階段を正面から見た様子。この螺旋階段は段板の振れ止めとなる下弦材と手摺りとしての上弦材でスパイラルな帯状の「梁」を構成します。

3F_11螺旋階段のステップから吹き抜け部を見返した様子。

4F_11