MXM-C

entrance_10

エントランスホールを入って上部階に繋がる階段を見たところ。
エントランスはこの様に下足でそのまま入る形。この後適当に小さな絨毯が敷かれそこの手前で靴を脱ぐ形になります。「欧米の住宅で生活する日本人」の住居と似ています。明快な上り框はここにはありません。

entrance_03

階段の下の方から玄関のドアを振り返ったところ。鉄骨のささら桁とカットTによる手摺りがそのまま床面に着地する様子。階段としての必要な最小限の要素「連続する段板」を成り立たせるための最小限なエレメント。

entrance_05

少し上がって踊り場から階段を見返したところ。段板と壁はこの様に僅かな隙間をもって離れて存在します。カットTの断面はこの一番ながいストロークをもとに決定しました。

stairway_06_300この踊り場のレベルから突き当たり正面の壁はガラスブロックになります。乳白のガラスブロックは光を通すと影の部分と明るい部分がセル毎にわかれ大きなモザイクを施したような見え方をします。

stairway_03_300柔らかい感じのガラスブロックとどちらかというと固い階段が対峙する様子。