PLS-04

PL-TS2

文具家具メーカーP社から発売されるSOHOオフィス家具シリーズとして開発され た一連のシリーズです。実際にはこのコンセプトモデルをもとに商品化を進めそのいくつかが実際に市場に出回っています。棚板の背面をスチール鋼棒による引張力により剛性を高め、薄く細い材料によるシースルーの棚を実現しました。従来、建築における壁構造の組立に類似している棚の構成はその水平方向の剛棚板の背面をスチール鋼棒による引張力により剛性を高め、薄く細い材料によるシースルーの棚を実現しました。従来、建築における壁構造の組立に類似している棚の構成はその水平方向の剛性のため各部材のサイズがアップして、視覚的に太い材料で構成されていたものを、ここでは極力薄く、軽やかに表現する事を試みました。

PL-TS1SOHO系のオフィスでの本棚の使用は必ずしも壁際ではなくパーティションとしての利用もあります。その様にスタンドアローン的に置かれる場合、またその時に背板がない場合、一番問題になるのは背面の剛性です。ここではその剛性をそのまま素直にブレースで表現。

PL-TS3ブレース材と縦材のジョイントのディテール。木質系の材料に金物があたるため、ここではその木部を包み込むようにして荷重を分散させます。