MKYM-R

04

RCラーメン構造のこういったケースでのスケルトンリフォームは、その柱、梁、床板は主要構造部なのでそのまま生かしますが、外壁がどこまで構造的にカウントされたものなのかは不明な場合が多いです。ここでは外壁で残るRCの壁でメインフレーム内にあるものに関しては補強をしながらのリノベーションとなりました。

02_300建物全景の様子。
窓面のレベルから200mm持ち出した形の外皮が矩形のまま建物全体を覆います。壁は全て連続しながら深い目地で切り離されています。

10_300同じ位置からの夜間の様子。足下の照明が建物をソリッドとして認識させる瞬間。