LAND

07

パースペクティーブ効果の最も強い立ち位置からのビュー。実際よりもかなり遠くに感じられます。これはカメラの広角レンズの影響もありますがこの様な仮想バニッシングポイントを存在させることでその深さに更に奥行きを与えることが出来ます。

06

上空の天井と壁が遊離している様子。この様に壁はすべて天井からの控えをとっていません。置かれただけのオフィスパーティションの様な「軽い」 処置に見える相当やっかいな工事。

12

会議室の様子。会議室上部もこの様に上部を抜いています。閉鎖的な空間に開放感、抜け感を持たせるためにあけた上部とその上で連続する天井。

11同じく会議室の様子。面として分離された天井とそのまま執務室に続く天井が仕切られた空間に対峙します。