AMORE

01

2003年暮れに東京六本木にオープンしたイタリアンレストラン「リストランテアモーレ」の飲食店舗内装の記録です。 鉄人料理人澤口知之氏が経営するのこのイタリア料理のお店の特色はいままで常識的と思われているイタリアンレストランと大きく一線を画す点があります。それは、

オープンキッチンである
メニューのないレストランである

という点。この二点を前面に押し出し、「本当のイタリアン」を「本物の素材」で提供するためのサービスを行うための「空間のサービス」をめざしました。
具体的には、

店内を分断する11mのカウンターで厨房とフロアーが仕切られている。
角度のついた矩形が2つ離れてからみあう平面構成である。

といった、建築計画の構成そのものはきわめてシンプルな作り方をしています。
入り口は楢の無垢材を組み合わせた格子戸です。店内の様子が少し見える、・・・というより店内の空気が外に漂います。 飲食店の店舗設計の一つのルールとして「内部の気配の伺えるファサード」を入り口の建具に求めました。インテリア及び中の雰囲気がうっすらとこの格子戸を通じて漂ってきます。

03

イタリア料理がその本来持つ「素材の良さ」と「単純な調理方法」の組み合わせから得られる絶妙な「食文化」を演出する手法を、ここでは建築的に単純な構成と単純な素材の組み合わせをもって対峙すべく試みました。普通の空間が食文化を楽しめる空間に昇華する時、衣食住の食と住が必要条件としての範疇を越え、十分条件に近づけば・・・と考えました。

10

可動間仕切りで軽く仕切られたスペースはこの様に「少し軽く仕切って」の感覚です。 ともに澤口知之氏のコレクションである古い家具と近世の版画、その家具に置かれるブルネッロのワインが心地よいイタリアンレストランの空間を演出します。

08この店の大きな特徴のひとつである長さ11mのカウンターを入り口の反対側から振り返ったところです。入り口側の方はそのままバーカウンターになります。バーカウンターの正面に腰掛けるとそこにはバックバーに凝縮されたリキュールが気持ちを誘います。

18リキュールグラスのコレクション