LA UNNE

counter_02

表参道のモリハナエビルにオープンしたラユンヌのショップ展示什器です。和のものと洋のものを混在させながらあくまでも日本人が使う、「現代の和風」とも言うべきショップコンセプトによる生活雑貨から家具に至るコレクションを展示する展示什器です。展示什器はあくまで目立たず、本来は空気の様な存在を目指すわけですが、和のもつ清潔感を引き出すため造作の端部や形状には様々な工夫を施してあります。

stairway_02

バスルームなどの水回りで使うサニタリー用品展示スペース。オープンの棚で向こう側が抜けています。シルバーの仕切はMDFを銀粉入りの塗料で塗装したもの。オープンの棚の剛性は各セルの右側にあるマット調の白い箱で保っています。

stairway_03

棚を横から見た様子。木口の見付けを2mm残してテーパを掛けてその「薄く鋭利な」表情を作ろうとしました。テーパー面には白い箱をあてがい、材料の肉厚を消しています。

stairway_04端部は段状です。大きな面の存在を分割することによって消しています。